キャットフード選びのその他のポイント

キャットフードを選ぶ時は穀物不使用のものを選択することも大切なポイントの一つですが、その他にも高タンパク質なものを選択します。タンパク質は猫にとって重要な栄養素の一つです。タンパク質は内蔵や筋肉の成長をサポートする栄養素で、もし体内で不足すると成長のサポートを十分にしてあげることができない可能性があります。飼主さんの中には長生きするために強い体を作って欲しいと考える人も多いですから、高タンパク質なキャットフードを選択することも選び方のポイントです。

キャットフードを選ぶ時は栄養バランスを考えることもポイントです。猫に必須の栄養素はアミノ酸、ミネラル、ビタミンです。人間にも必要な成分ですので、これらの栄養素に馴染みがあるという飼主さんも少なくないでしょう。唯単にこれらの栄養素が含まれるキャットフードを与えれば問題ない、ということではなく、バランスがしっかりと考えられているを確認することが求められます。

ウェットフードかドライフードかも確認します。ウェットフードは水分量が多く、商品によっても異なりますが缶詰などで販売されているタイプです。一方でドライフードはパッケージに入れられた乾燥しているフードになります。どちらが飼い猫に適しているのか考えて選択します。

穀物不使用のキャットフードを選ぶ

キャットフードの選び方のポイントとして紹介できるのが、穀物不使用かどうかです。穀物とはとうもろこしや小麦のことになります。現在、通販やショップなどでは穀物が含まれるキャットフードが販売されていますが、穀物が含まれるキャットフードは猫の健康に影響を与える可能性があります。猫は本来、消化を得意とする動物ではありません。そのため、穀物を大量に摂取すると消化不良を引き起こす可能性があります。また、穀物には炭水化物が多く含まれますが、炭水化物の過剰摂取は膵臓に悪影響を及ぼす可能性があるとされています。

穀物不使用なキャットフードを選ぶことによって消化しやすく、膵臓に影響を与えることが少ないキャットフードを選択することが可能です。では実際に穀物不使用のキャットフードを選択することでどのようなメリットを得ることができるのでしょうか。

メリットとして挙げられるのが、アレルギー対策ができることです。アレルギーと聞くと重大な病ではないと考える人もいます。確かに軽度であれば予防や対策が可能ですが、重度になると腸内環境の悪化などが懸念されるので、猫の身体に大きなダメージを与える可能性があります。穀物不使用のものを選択すればアレルギー対策はもちろんのこと、消化不良の解消や肥満防止なども期待できます。

キャットフード選びのポイント

猫は動物の中でもペットとして多くの人に選ばれており、世界中で愛されています。そのため近年犬と同じぐらい猫のペット需要は高まり、日本に限った話ではなく数多くの人が飼っているペットといえるでしょう。猫と一緒の暮らしをスタートさせるためにはまず猫を譲ってもらう、購入することが必要です。例えば実際に猫と生活をしている人の中には知人から譲ってもらった人もいますが、今ではホームセンターや専門ショップで出会うことも可能なため、様々な方法で猫との暮らしをスタートさせることが可能です。

猫の成長をサポートするためには様々なグッズを揃えることが求められます。例えばゲージです。ゲージがあることで猫のプライベートな空間を作ってあげることができるだけでなく、しつけをする時にも活用ができます。また、猫は当然排泄する場所が必要ですので、トイレを設置します。生活に必要な道具だけでなく食事を準備することも飼主さんには求められます。基本的に猫に与える食事はキャットフードです。

キャットフードは現在、インターネットや通販等幅広い場所で販売されており、種類なども豊富にあります。食事は猫に必要な栄養素を身体に摂取するためには必要なことです。もしキャットフードに好ましくない成分が含まれていると猫の健康に悪影響を与える可能性があるので、しっかりと選び方を把握しておきたい考える飼主さんは少なくないでしょう。そこで今回はキャットフードの選び方を紹介します。